"賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。インターネットや情報誌などで気になる物件を発見したら、まずは不動産屋に電話をしてみましょう。
電話でどのサイトを確認したのかを伝えて、すぐに物件を見に行く事が出来るのかを確認しておきましょう。

 

不動産屋に電話をする時には相手の対応は要チェックしてください。
不親切な対応をしてきたり、いい加減な返答をしてくるような不動産屋は見切りを付けて別の不動産屋の利用を考えましょう。

 

最近ではホームページを持っている会社も多くなっているので、そこからも会社のことを知ることが出来ます。
また不動産屋に対する口コミ情報を書き込みすることの出来る掲示板もありますので、事前に参考として確認しておくと良いでしょう。"



最初に不動産屋へ問い合わせブログ:21-9-04

栄養バランスのとれた食べる事を
日々きちんと食べましょう!

…って、よく聞きますよね?

見本の献立例を見て、
「こりゃ無理だ」と思ったり、
「これじゃあ足りないのでは?」など、
いろんな反応が返ってくると思います。

理想的と考えられる食べる事例を示すこと自体は有用なのですが、
どうも誤解があるんじゃないのかなぁ…と、
ボクはそんな気がするのです。

理想的な食べる事のモデルとして示されるような献立って、
たいてい24時間分をほぼ均等に分けているんですよね。
なので、ぱっと見、学校の給食とか病院食風だったりします。

こんな理想的とされる食べる事を
日々食べている方って少ないと思います。
病院に入院されている方は
日々このような食べる事だと思いますが…

多くの方が
理想的な食べる事からかけ離れた食生活なのだとすれば、
日本の現状は相当に問題があるのでしょうか?
ボクたちは反省しないといけないのでしょうか?

これらの食べる事例は
なるべく多くの日本人に参考となるようつくられており、
中にはこの食べる事が参考にならない人も
いらっしゃるかもしれません。

それでも国からすれば
参考となるモデルを示す必要があるため作成されている…
そんな程度に考えて良いと、ボクは思っております。

生活習慣・食習慣を整える事は大切ではあるけれど、
ボクたち人間が当たり前に持つ欲求に、逆らうような努力というのは
長続きさせるのは難しいでしょう。

それぞれの栄養素は
24時間毎に充足させる必要は無いのですから…
そんな画一的な栄養指導をされた場合には
ダメだしをしてあげましょう!

食べる事は人生の愉しみでもあることを忘れちゃいけない…と、
ボクは思うのです。



このページの先頭へ戻る