"最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。賃貸物件を借りる時には、部屋の中だけではなく物件全体に管理が行き届いているか、チェックをするようにしましょう。
玄関にゴミが散らかっていたり、空室の郵便受けにチラシが溜まっている物件は、正直良い物件とは言うことが出来ません。

 

掃除の頻度は賃貸物件によって違いがありますが、タバコの吸殻や、ゴミが散らかっている物件はしっかりと管理されていない証拠となります。
論外なことですが、クモの巣が張っていたり、共有部分の電気が切れている状態の物件は管理がされていないということになるのです。

 

入居者が居ないポストからチラシが溢れかえってしまっていて、床に散らかっている状況は管理が徹底されていません。
実際に物件を見る時には、物件全体を細かく確認するようにしましょう。"



納得の契約をするには賃貸物件情報の収集ブログ:21-7-26

似ているようで似ていない!
似ていないようでいてよく似ている!…親とお子さん。

「お母さんみたいにおなか出てないし〜」
そう言ってわたしが母親のウエストを摘むと…

「うるさ〜い!私だって若い頃はナイスバディーだったんだから」
と母親は言う。

今の母親は昔の面影も無く、
ナイスバディーとは程遠い容姿をしています。

それでも同じ年代の母親と比べると
少しは若くて?綺麗で?スタイルもいいかも?

タンスの中にしまわれている母親の若い頃の洋服を
わたしは引っ張り出して着てみる…

ウエストは確かにわたしの今よりも確実に細く
足の長さも今のわたしと変らない、センスだって悪くは無い。

母親の昔のアルバムをこっそりと開いてのぞき見た時も、
古いアルバムの中に
はじけるような母親の若くて生き生きとした姿が写っている。

知らない人が見ると
わたしの写真と見間違うほど、今のわたしの顔にそっくり。

だからこそ
母親と似ている自分が嫌い!!

20年後の自分が
家の中をノシノシ歩いているなんて許せない!

「絶対にお母さんみたいにデブにならないもん!」
と強がってみたところで、
太くて短い指の形や眉の形、目の形までがそっくり。

話し方も、笑い方も、歩き方も、
最近はずぼらな性格までも母親そっくり。

何もかもそっくりだから気が合うのか?
何もかもそっくりだから反発しあうのか?

母親との会話はとても楽しいし、
母親とのお買い物はとても好みが合う、
親子であって仲間みたいな関係…

それでいて
頼りになる様な、ならない様な切っても切れない大切な存在。

わたしの人生のお手本になる人…それがわたしの母親。
これからもよろしくね!

このページの先頭へ戻る