"世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。賃貸物件にいざ住むと「エアコンがきかない」「お湯が出ない」など、元々部屋に備え付けの設備にトラブルが起こることがあります。
もし何かしたのトラブルが発生した時には、早目に大家さんや管理会社に連絡をして対処をしてもらうようにしてください。

 

契約の時にもらった書類に、何かしらのトラブルが発生した時の連絡先が明記されている場合が多くあります。
かなり目立つカビ、また水漏れなどは放置をして被害が大きくなると契約者の責任ともなりますので、早目に連絡をするようにしてください。

 

賃貸物件でトラブルを勝手に修理をした場合は修理費用をもらえない場合があります。
なので自分で判断をするようなことはしないで、必ず管理会社等の指示を受けるようにしてください。"

傘立てならおまかせ
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/



賃貸で起こりうるトラブル対処ブログ:21-8-26

一週間前、恋人が転勤に伴う引越しをし、
わたくしの荷物も半分くらい入れたので、
その片付けと掃除を一緒にしていました。

引越し前の恋人の部屋は1Kと、
学生がひとり暮らしするような、かなり狭い部屋でしたが、
少々田舎に転勤になったので、
同じ家賃くらいで3DKの部屋を借りる事ができ、
広々と暮らせるはずでした。

なのに、荷物が片付かない…
全てと言う訳ではないのですが、
洋服が全く収まりきらないのです。

収納スペースは押入れ2間分あるにも関わらず、
さらにわたくしの洋服はまだ1枚も持ってきていないのに…

あまりの服の多さに、わたくしは憤りを感じ、
「なんであんたの服を私が片付けないかんのじゃぁ〜」
と、半ばやけくそになって片付けていました。

そんなわたくしの気持ちを知ってか知らずか…
「あ、そのシャツ3万円くらいのを1万円で買ったやつ。
そのジャケットは確か定価9万円くらいのを
3万円で買ったんだよねぇ〜。
やっぱりお買い物上手だねぇ!」

と、服を一枚一枚手に取る毎に
「あ、それいくら」「これいくら」と、説明してくれ、
しかもそれがわたくしのお買い物の基準価格と一桁二桁違うので、
はらわたが煮えくり返っていました。

「捨てるには惜しい物ばかりだなぁ…想い出もあるし。
君の服は持ってきても入らないねぇ…」

わたくしはこの一言で、キレてしまいました!!

「このシャツは1枚3万円ですかぁ〜
自分の収入に見合うお買い物をしていただきたいですねぇ〜
総金額を考えると鳥肌が立ってきますねぇ〜
わたくしにくれる指輪のひとつやふたつ簡単に買えちゃいますねぇ〜
30過ぎの男が貯金ゼロなんて…ナサケナイ」

こんな恋人とわたくしは結婚する予定なんですが…
上手くいくんでしょうかねぇ〜


このページの先頭へ戻る