周辺環境など細かく物件の下見をしよう

周辺環境など細かく物件の下見をしよう


周辺環境など細かく物件の下見をしよう
"どんなに賃料が安かったとしても、その物件の利便性が全くダメなようではその物件を選ぶ価値はありません。
確かに賃料も大切な賃貸選びの重要なポイントとなりますが、最も重要なことは利便性だということを忘れないでください。物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。

現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。

コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。"






周辺環境など細かく物件の下見をしようブログ:21-10-16

おとといの夕方の事。
窓の外は薄暗くなり始めています。

夕方の景色と言えば、
綺麗な夕焼けが好きな人の方が多いかも知れませんね。

もちろんおれも綺麗な夕焼けは好きです。
でも、悪天候が降る暗い夕方も好きです。

今の景色はというと、
マンションのバルコニーから外を眺めると
どこまでも雲がたれ込めていて、しとしと悪天候が降っています。
そして徐々に暗くなり始めた街に、灯りがともり始めています。

その景色を眺めながら、
これまでの自分をふと振り返っていました。

妻と出会ってもうじき10年…
妻と出会う前って、自分は何考えていたんだろう。

その頃のおれはどこに行っても、
その場の人間関係において何か疎外感のようなものを感じていました。

誰とも親密にはなれない、誰もがおれと距離をとる、
仲間外れにされている感覚がとても強く、
それならこっちも絶対近づいてやるもんか…という具合に
内心周囲に対して敵対心を持ちながらも、
表面上はとてもいい人を演じていました。

多分昔のおれなら今の景色をみても、
おれはあの灯りの仲間には加えてはもらえない。
おれはアウトサイダー。
みんなの輪には絶対入れてもらえない。
これは運命ではなく宿命、だから変えようがない…
きっとこんな風に言った事でしょう。

でも、
今はその灯り一つ一つが
暖かく輝いているように感じるんですよね。

一つ一つの灯りの中には色んな人がいることでしょう。

家族の為に忙しく夕方食の準備をするお母さん。
子どもをお風呂に入れているお父さん。
パートナーと2人きりのゆったりした時間を過ごす人。
仲間で集まってにぎやかに過ごしている人。
あるいは、一人嘆き悲しんでいる人もいるかもれません。

そして、自分もその中の一つなんだ…。

周辺環境など細かく物件の下見をしよう

周辺環境など細かく物件の下見をしよう

★メニュー

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
未来を考えて賃貸物件を探す
賃貸契約の前に大家さん自身が審査
失敗をしない上手に引越しをするポイント
周辺環境など細かく物件の下見をしよう
足を使った賃貸物件探しが大切
最初に不動産屋へ問い合わせ
賃貸で起こりうるトラブル対処
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約をするには賃貸物件情報の収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)探すなら便利でお得な賃貸