"今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。賃貸物件への申し込みを行なう時には、大家さんが入居希望者の審査を実施することとなります。
「この人だったら安心して部屋を貸すことが出来るな」ということをこの審査によって大家さんが判断をすることになるのです。

 

大家さんの審査の時には不動産会社の人の意見も大きく影響することとなります。
そもそも不動産屋というのは大家さんの代理で物件を紹介しているワケですから、悪印象を与えることのないようにしましょう。

 

物件の審査の日数の目安は1週間から10日程度となっていますが、もっと早く返事が来ることもあります。
この審査に合格をすることで、次は契約となりますので、引越し準備を本格的に進めていきましょう。"



賃貸契約の前に大家さん自身が審査ブログ:21-11-26

今や減量ブーム。
その中でマスコミの情報は恐ろしいものです。

テレビで「減量特集」が放送されると、
次の日には、
大きな話題となって世の中に飛び出していきます。

その日を機会に、
ある本が飛ぶように売れたり、
スーパーからある食材だけが品切れ状態になったりします。

そして、
誰もが簡単に減量できるという
「錯覚」に陥ってしまいます。

確かに、
減量は簡単に始められます。

しかし、
ご飯を制限する方法や一定の食材での減量には、
恐ろしい結末が待っています。

一週間くらい前、テレビで
減量の悲劇が取り上げられていました。

キャリアウーマンのSさん(28)は仕事熱心。
仕事に集中していたため、彼氏もいませんでした。

ある時、
外資系のエリートサラリーマンとの合コンの話が持ち上がり、
それに向けて減量をスタートさせたのです。

減量内容は、
ごはん、お肉は一切取らないで
野菜スティックだけ食べるという過酷な方法でした。
それでも思うように痩せなかったSさんは、
海草類などの食材を一日一食にするようになりました。

そんなある日、
首のあたりに小さな「しこり」があるのに気がつきました。
それから彼女に異変が起こり始めました。

朝起きるとひどい頭痛に悩まされたり…
ふらつきや吐き気を感じ、
嘔吐することもあった…とか。

合コン後も
減量を続けたSさんは、
救急車で病院に運ばれました。

懸命な治療の甲斐なく、
28歳という若さで命を落としてしまいました。
彼女の病名は、結核性髄膜炎。

結核菌が感染し、
脳の髄幕が炎症を起こす疾患のことです。
彼女の場合、
偏ったご飯を続けたことが引き金になったんですね。

命と引き換えの減量…
恐ろしいですよね!

このページの先頭へ戻る